イエス教長老会 平安教会

heianlove.exblog.jp
ブログトップ

アガペーの愛

キリスト者はよく愛という言葉を口にしますし、教会の説教でも必ずと言っていいほど愛という言葉が出てきます。キリスト教は愛の宗教だと言われたりもします。キリスト教を語るにあたって無視することの出来ない愛。しかし、キリスト教でいうところの愛の概念を理解している人は多くないと思われます。

私たちキリスト者は、愛が人間社会から生み出されたとは考えていません。愛もまた神が創造されたものと考えています。神は祝福として人に愛をくださったのですが、堕落してその愛を悟り得なくなったのです。

こう聞くとますます意味が分からなくなったと思います。それも当然です。世間一般で使われている愛と聖書で語られている愛は、全くの別物だからです。新約聖書はコイネーというグレコローマン時代の庶民が使っていたギリシャ語で書かれています。ギリシャ語では、愛を意味する単語が何個もあります。男女間の恋愛や夫婦愛はエロスといい、世間一般で愛といえば大抵これを指しているようです。その他に情愛や肉親間の愛を表すストルゲー、友愛や兄弟愛を表すフィリアー、そして自己犠牲の愛であるアガペーがあります。世間では普通、愛といえばエロスを想定して会話をしているのですが、キリスト者は自己犠牲の愛であるアガペーを想定して会話をしますので、話が通じないのも当然です。

生まれつきのキリスト者などほとんどいないわけだし、キリスト者も信仰を持つ以前はエロスしか知らなかったわけですから、いくらキリスト者になったからといってアガペーの愛を前提にしてキリスト者以外に一方的に話をするというのは控えるべきでしょう。これでは信者と未信者の間に齟齬が生じるのも当然と言わざるを得ません。

さて、聖書は、私たちにアガペーの愛を理解させるために、神はキリストを犠牲(いけにえ)にされたと教えています。キリスト・イエスは、私たちが罪の赦しを得ることができるようにと、罪を全部被って、身代わりとなって死んでくださったという文字通り自己犠牲の愛を示されたのです。そして、私たちも同じように人々のために、自己犠牲の愛に生きることを求めています。

12弟子の一人、ヨハネは次のように語っています。

「イエスは、わたしたちのために、命を捨ててくださいました。そのことによって、わたしたちは愛を知りました。だから、わたしたちも兄弟のために命を捨てるべきです。」(第一ヨハネ3:16)

しかも、「兄弟を憎む者は皆、人殺しです。」とまで言っています(第一ヨハネ3:15)

そして、「愛することのない者は神を知りません。神は愛だからです。」(第一ヨハネ4:8)とあります。

キリスト者もこれらの御言をよく知っていれば、容易くアガペーの愛を口にすることなど出来ないはずです。キリスト者にとって愛とは命懸けなのです。逆に、そのような命を懸けたアガペーの愛が教会から影を潜め、キリスト者であるにもかかわらず自己中心的な愛に没入する者が増えたことが、教会の凋落の原因なのかもしれません。

今日はヨハネの訴えかけに耳を傾けましょう。

「子たちよ、言葉や口先だけではなく、行ないをもって誠実に愛し合おう。」(第一ヨハネ3:18)

命懸けのアガペーの愛を悟り、実践することが出来ますように。
[PR]
by heianchurch | 2013-09-20 22:53